5分で分かる!あなたの信用取引の適正度チェック | 信用取引を始める前に確認すべき4つのSTEP

信用取引はレベレッジを効かせた取引が魅力的ですが、果たして自分に向いているのだろうか?15の設問をチェックしていくだけで、あなたの信用取引の適性度が分かります!

> > 5分で分かる!あなたの信用取引の適正度チェック
STEP1信用取引とは?

6. 5分で分かる!あなたの信用取引の適正度チェック

信用取引はレバレッジを活かして手元の資金以上の株式投資を行えるという点が最大の魅力です。しかし、それゆえにリスクを伴うのも事実です。

ですから、信用取引はリスクを上手に管理することが重要と言えます。そこで、あなたが信用取引に向いているかどうかについてセルフチェックできる適正テストを作成したので、トライしてみてください。

チェックはわずか15問。これに答えることで、あなたの信用取引への適正度が分かります。

信用取引 適正テスト

信用取引適正チェック

以下の質問で「Yes」と思うものにチェックを入れてください。

合計 : 0

さて、何個チェックがついたでしょうか?これらの質問はすべて、「信用取引に向いている人」の傾向です。大まかに言えば、情報収集を怠らず、あるゆる物に興味を持ち、かつ勉強熱心で、リスク管理ができる決断の早い人ということになります。

信用取引チェックで0~5個ついた人

あなたは残念ながら、信用取引に向いていない性格のようです。しかし、「リスクを軽減してミドルリターンを狙う」の精神を本サイトで学べば問題ないですよ!

基本のページである「信用取引とは」のページから始めてみましょう!テキスト量は少し多いかもしれませんが、専門用語を極力減らして図解もしているので、初心者の方にも読みやすい内容になっていると思います。

信用取引チェックで6~10個ついた人

あなたの性格は、信用取引に向いていると言っても良さそうです。ただし、あまり熱くならないように、冷静な取引を心がけましょう。

いつも頭の片隅に信用取引のデメリットのリスクについて認識を持っておくように、「信用取引のデメリットとデメリットへの対策」のページを時間がある時にじっくり読むことをオススメします。

信用取引チェックで11~15個ついた人

あなたは信用取引を上手に活用できる性格を持った人です。今すぐ、証券会社選びを始めましょう!

証券会社選びならこのページ!「初心者のための証券会社30社比較」

このエントリーをはてなブックマークに追加

信用取引とは?

一覧を見る

信用取引は、委託保証金という資金を担保に入れることで実際の資金よりも大きな額の株式投資が可能になる株の取引手法の1つです。株を売買するという点では現物の株取引と同じですが、取引を行うためのルールや仕組みにおいてかなり現物取引と違う点があります。ここでは、信用取引を始めるまでにぜひ知っておいてもらいたいことをまとめています。

信用取引と他の投資を比較

一覧を見る

信用取引は、現物取引と同様に株式を売買するわけですが、証券会社に支払う手数料やコスト面などで現物取引と異なります。また、基本的には6ヶ月以内に決済しないといけないルールもあります。ここでは信用取引とその他の投資との違いを比較することから、信用取引のメリットやデメリットなどについて考察していきます。

信用取引で失敗しない為の銘柄の選び方

一覧を見る

信用取引は自己資金の3倍もの取引が可能となるだけにそれなりにリスクも伴います。信用取引で失敗しないためにはとにかくリスクとなる要因をできるだけ排除していくことが重要となります。そこで、この項目では信用取引における信用取引残高の読み方や信用取引ならではの専門用語の理解などから失敗しないコツを伝授していきます。

信用取引を始める証券会社の選び方

一覧を見る

信用取引を始めるには、まず初めに証券会社を選ぶことから始まります。日本には現在約300社ほどの証券会社がありますが、その中から自分の投資に一番合う証券会社を見つけるにはどうすればいいのでしょうか? ここでは、信用取引ができる証券会社を検討する際に重要となる3つのポイントに分けて紹介いたします。