信用取引を始める前にメリットを理解する | 信用取引を始める前に確認すべき4つのSTEP

信用取引のメリットについてポイントをレバレッジ効果と空売りの2つに絞り、信用取引をはじめる前の方にも分かりやすいようにオリジナル画像を交えて紹介しています。

> > 信用取引を始める前にメリットを理解する
STEP1信用取引とは?

4. 信用取引を始める前にメリットを理解する

信用取引に限らず、金融商品には常にメリットとデメリットが存在します。ここでは信用取引におけるメリットについて解説します。

自己資金の3倍の取引が可能に

信用取引の最大のメリットは、委託保証金を元手に3倍まで株を売買できるという点です。これを「レバレッジ効果」と呼び、うまく取引を行えば利益も約3倍に跳ね上がります。(信用取引の仕組みとルールページでも少し触れています)

信用取引のレバレッジ効果

例えば、50万円の資金があったとすれば、およそ150万円まで取引が可能となります。これにより、自分の手持ち資金的に購入できなかった株を購入する事ができたり、「いける!」と踏んだ銘柄に対して手持ち資金以上の株を購入することで高い利益を出すことも可能になります。

また、信用取引では、「代用有価証券」と言って、株式や投資信託などを委託保証金として代用することが可能です。そのため、仮に手元に現金がない場合でも、それまで眠らせていた証券を使って取引ができるようになります

株価が下がって儲けられる仕組みがある

信用取引の特有のメリットとして挙げられるのが「空売りが可能」という点です。「空売り」の説明は今からするので、わからない方もご安心を!こちらの空売り紹介ページでも説明しています。)

通常の取引では、株価が低い時に買って、株価が高くなった時に売るというのが利益を上げるための基本的な取引になるわけですが、信用取引の場合には「空売り」といって、株価が下がった時に利益が出る手法があります

空売りの仕組み

その仕組みはこちら。手順は2つだけです。

  • まずは証券会社に株を借りて売ることから始めます(空売り)。
  • 株価が売った時よりも下がったら株を買い戻し、証券会社に返します。

「株価が下がるなら株をしない」というのは鉄則ですが、株価がどんどん下がりそうと予想が立てられた時に、空売りをするということですね。先に売って、株価が下がったら買い戻し、その時の差額が利益となるということです

例えば、証券会社から株価100円の銘柄を1000株借り入れたとします。これをまず売ります。すると、手元には10万円がありますね。これを「信用売り」と言います。その後、株価が90円に下がったとします。ここで証券会社に株を返すために1000株を買い戻します。その時に必要な金額は9万円です。これを決済注文と言います。
すると、1000株を証券会社に返還し、(100-90)×1000で差額の1万円は自分の利益となります。これが空売りでの利益の出し方となります。これが空売りでの利益の出し方となります。

もちろん、ハイリターンの信用取引ですから、やはり現物取引よりもリスクがあるということは留意しておきたいですね。信用取引のメリットについては理解できましたか?信用取引を始める前にしっかりメリットを理解しておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

信用取引とは?

一覧を見る

信用取引は、委託保証金という資金を担保に入れることで実際の資金よりも大きな額の株式投資が可能になる株の取引手法の1つです。株を売買するという点では現物の株取引と同じですが、取引を行うためのルールや仕組みにおいてかなり現物取引と違う点があります。ここでは、信用取引を始めるまでにぜひ知っておいてもらいたいことをまとめています。

信用取引と他の投資を比較

一覧を見る

信用取引は、現物取引と同様に株式を売買するわけですが、証券会社に支払う手数料やコスト面などで現物取引と異なります。また、基本的には6ヶ月以内に決済しないといけないルールもあります。ここでは信用取引とその他の投資との違いを比較することから、信用取引のメリットやデメリットなどについて考察していきます。

信用取引で失敗しない為の銘柄の選び方

一覧を見る

信用取引は自己資金の3倍もの取引が可能となるだけにそれなりにリスクも伴います。信用取引で失敗しないためにはとにかくリスクとなる要因をできるだけ排除していくことが重要となります。そこで、この項目では信用取引における信用取引残高の読み方や信用取引ならではの専門用語の理解などから失敗しないコツを伝授していきます。

信用取引を始める証券会社の選び方

一覧を見る

信用取引を始めるには、まず初めに証券会社を選ぶことから始まります。日本には現在約300社ほどの証券会社がありますが、その中から自分の投資に一番合う証券会社を見つけるにはどうすればいいのでしょうか? ここでは、信用取引ができる証券会社を検討する際に重要となる3つのポイントに分けて紹介いたします。