信用取引とは? | 信用取引を始める前に確認すべき4つのSTEP

信用取引とはどういうものか。信用取引の仕組みを理解することがファーストステップになります。信用取引とはカテゴリページでは信用取引の仕組みについて紹介しています。

STEP1信用取引とは?

信用取引は、委託保証金という資金を担保に入れることで実際の資金よりも大きな額の株式に投資することができる株の取引手法の1つです。売買の方法は現物の株取引とほぼ同じですが、ルールや仕組みはいろんな面で違いがあります。つまり、株といえば株だけれども、持っている資金以上の額で投資できちゃうということ。
というわけで、ここからは信用取引の仕組みやルールのほか、信用取引を始めるまでにぜひ知っておいてもらいたいことを、つらつらと書いていきたいと思います。

信用取引とは記事一覧

1. 信用取引を知る前に株で儲ける仕組みを理解する

信用取引をスタートする前に知っておきたいのは「株」の知識です。株で儲かる仕組みを理解できていなければ、信用取引で成功することはありません。そこで、株で儲ける仕組みについて分かりやすく解説します。

2. 信用取引の仕組みとルール

信用取引とは、証券会社に資金や株式を借り入れて行う株式投資です。そのため、元手の少ない人でも、資金以上の株を売買することができます。でも、「元手以上の資金を使うことができる」ってなんか不思議。それにはどのような仕組みやルールがあるのでしょうか?

3. 信用取引を始めるまでの流れ

信用取引を始めるには、証券会社で信用取引口座を開設する必要がありますが、信用取引口座の開設には審査があります。ここでは、主な証券会社における基本的な流れを紹介します。

4. 信用取引を始める前にメリットを理解する

信用取引では、レバレッジと呼ばれる自己資金以上の取引ができるという大きなメリットがあります。このレバレッジ効果を始めとするメリットについて紹介します。

5. 信用取引のデメリットとデメリットへの対応策

株式投資には常にメリットもあればデメリットもあります。信用取引でもそれは同じですが、ここではデメリットを正しく理解して、どのようにリスクを低減するかについて解説します。

6. 5分で分かる!あなたの信用取引の適正度チェック

レバレッジを効かせた取引が魅力の信用取引は果たして自分に向いているのだろうか?15の設問をチェックしていくだけで、あなたの信用取引の適性度が分かります!

信用取引とは?

一覧を見る

信用取引は、委託保証金という資金を担保に入れることで実際の資金よりも大きな額の株式投資が可能になる株の取引手法の1つです。株を売買するという点では現物の株取引と同じですが、取引を行うためのルールや仕組みにおいてかなり現物取引と違う点があります。ここでは、信用取引を始めるまでにぜひ知っておいてもらいたいことをまとめています。

信用取引と他の投資を比較

一覧を見る

信用取引は、現物取引と同様に株式を売買するわけですが、証券会社に支払う手数料やコスト面などで現物取引と異なります。また、基本的には6ヶ月以内に決済しないといけないルールもあります。ここでは信用取引とその他の投資との違いを比較することから、信用取引のメリットやデメリットなどについて考察していきます。

信用取引で失敗しない為の銘柄の選び方

一覧を見る

信用取引は自己資金の3倍もの取引が可能となるだけにそれなりにリスクも伴います。信用取引で失敗しないためにはとにかくリスクとなる要因をできるだけ排除していくことが重要となります。そこで、この項目では信用取引における信用取引残高の読み方や信用取引ならではの専門用語の理解などから失敗しないコツを伝授していきます。

信用取引を始める証券会社の選び方

一覧を見る

信用取引を始めるには、まず初めに証券会社を選ぶことから始まります。日本には現在約300社ほどの証券会社がありますが、その中から自分の投資に一番合う証券会社を見つけるにはどうすればいいのでしょうか? ここでは、信用取引ができる証券会社を検討する際に重要となる3つのポイントに分けて紹介いたします。