ネット専業証券と総合証券の違いは? | 信用取引を始める前に確認すべき4つのSTEP

総合証券と対面販売を行わずネット販売に特化したネット専業証券のそれぞれの特徴を見ていきながら、どちらが、信用取引初心者にとってのメリットがあるのかという観点で違いを紹介しています。

STEP4信用取引を始める証券会社の選び方

2. ネット専業証券と総合証券の違いは?

証券会社は大きく分けて、「ネット専業証券」と「総合証券」とがあります。それでは、ネット専業証券と総合証券とでは何が違うのでしょうか? ここでは両者それぞれの特徴を見ていきながら、その違いについて説明します。

ネット証券と総合証券の違い

総合証券ってどんな証券会社?

一般的に総合証券とは、証券業務が免許制だった時代、証券会社の各業務に関する免許を全て持っていた証券会社を差します。
具体的に、総合証券と呼ばれる会社にはどのような会社があるのでしょうか?
例えば、日本を代表する2大証券会社である野村證券、大和証券は免許制時代の免許を全て持っていた総合証券ですし、そのほかにも、SMBC日興証券、みずほ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券など財閥銀行系の証券会社や、準大手・中堅証券に分類される岡三証券、東海東京証券、SMBCフレンド証券、岩井コスモ証券、いちよし証券なども総合証券会社です。

総合証券会社の業務範囲は幅広く、個人および法人に対する金融商品の販売のほかにも、金融商品の売買の仲介、企業が新規上場にする際の手伝い、投資銀行としての銀行業務などさまざまです。また、野村證券などは海外に支店を持つなど国際的な展開を見せる会社も多くあります。

ネット専業証券ってどんな証券会社?

ネット専業証券はインターネットが普及した1990年代に勃興した、無店舗、対面販売などを一切行わずにインターネットに特化した証券会社のことです。1998年の松井証券がいわゆるネット専業証券の始まりとされています。

1999年に株式売買委託手数料が自由化されると、現在のネット専業大手であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券などが相次いで参入しました。ネット専業証券には新興企業が多いのが特徴です。

ネット専業証券と総合証券の違いは?

ネット専業証券の場合は、店舗や営業マンなどが必要ない分、コストを下げることが可能なため、手数料が安い傾向にあります。しかし、すべてインターネット上での自己完結となってしまうため、簡単に株取引できるものの、情報収集から投資判断まで全て自分で行う必要があり、うまく運用できるかどうかは本人次第ということになります。また、操作方法などが分からない場合は、メールや電話での問い合わせとなるため、パソコン等の操作に不慣れな方は、オペレーターに困っている点を伝えることができず、解決するまでに時間がかかったりして大変なことが多いようです。

一方、総合証券は、担当の営業マンが付く「対面取引」と「ネット取引」の両方を展開している会社が多いです。まずは、私が昔、勤務していた「総合証券の対面取引」から説明します。

「総合証券の対面取引」の場合は、コストはネット専業証券よりも高くなる傾向にありますが、営業マンからの投資に関するアドバイスなどを受けて安心して取引を行うことができます。私も昔、銘柄を分析して、お客さんに購入を提案したりしていました。

それでは、「総合証券のネット取引」はどうでしょうか。
結論から言うと、会社によりますが、「総合証券のネット取引」と「ネット専業証券」は、いろんな面であまり変わりません。

手数料について言うと、「総合証券のネット取引」の中には、「ネット専業証券」に引けをとらない手数料を打ち出しているところが数多くあり、取引の金額、プランによっては「ネット専業証券」より安い場合もあります。

また、「総合証券のネット取引」は、「ネット専業証券」同様、営業マンからの投資に関するアドバイスは受けることはできないところがほとんどです。

しかし、「総合証券のネット取引」は店舗を構えているため、会社によっては、操作方法などに限り、店舗での対応を行ってくれる会社もあります

このように、「ネット専業証券」の場合は、気軽に参入できてコストが安いというメリットがあり、「総合証券の対面取引」は、投資に関する手厚いコンサルティングサービスがあり、「総合証券のネット取引」には、ネット専業証券と同等のサービスに加え、初心者やパソコンの操作が不安な人には店舗でのサポートがあって安心というメリットがあります。

どの形態が自分に合っているのかは特に慎重に考えたいところですが、結論として、手数料を抑えたいが、わからないことがたくさんある、またはパソコンの操作が不安だという初心者の人には「総合証券のネット取引」をオススメしたいです

ただし、「総合証券のネット取引」はどの会社も同じでなく、ネットなのに手数料が割高だったり、店舗でのサポートは受け付けていない会社もあるようなので、十分吟味してくださいね。
当サイトに初心者のための証券会社30社比較ページがありますのでぜひ、参考にしてください!

総合証券(対面) 総合証券(ネット) ネット専業証券
投資コンサルティング あり なし なし
手数料コスト 高い 低い 低い
取引サポート - オンライン・電話でのサポートに加え、店舗でのサポートも オンライン・電話でのサポートのみ
このエントリーをはてなブックマークに追加

信用取引とは?

一覧を見る

信用取引は、委託保証金という資金を担保に入れることで実際の資金よりも大きな額の株式投資が可能になる株の取引手法の1つです。株を売買するという点では現物の株取引と同じですが、取引を行うためのルールや仕組みにおいてかなり現物取引と違う点があります。ここでは、信用取引を始めるまでにぜひ知っておいてもらいたいことをまとめています。

信用取引と他の投資を比較

一覧を見る

信用取引は、現物取引と同様に株式を売買するわけですが、証券会社に支払う手数料やコスト面などで現物取引と異なります。また、基本的には6ヶ月以内に決済しないといけないルールもあります。ここでは信用取引とその他の投資との違いを比較することから、信用取引のメリットやデメリットなどについて考察していきます。

信用取引で失敗しない為の銘柄の選び方

一覧を見る

信用取引は自己資金の3倍もの取引が可能となるだけにそれなりにリスクも伴います。信用取引で失敗しないためにはとにかくリスクとなる要因をできるだけ排除していくことが重要となります。そこで、この項目では信用取引における信用取引残高の読み方や信用取引ならではの専門用語の理解などから失敗しないコツを伝授していきます。

信用取引を始める証券会社の選び方

一覧を見る

信用取引を始めるには、まず初めに証券会社を選ぶことから始まります。日本には現在約300社ほどの証券会社がありますが、その中から自分の投資に一番合う証券会社を見つけるにはどうすればいいのでしょうか? ここでは、信用取引ができる証券会社を検討する際に重要となる3つのポイントに分けて紹介いたします。