証券会社を比較する際に初心者がチェックしたい5つのポイント | 信用取引を始める前に確認すべき4つのSTEP

初心者が証券会社を選ぶ際は、手数料の安さだけでなく、使いやすさや担当者の質も大切。取引時の使いやすさと、信用取引の始めやすさという観点で5つのポイントを紹介します。

信用取引を始める前に確認するべき4つのSTEP > 信用取引を始める証券会社の選び方 > 証券会社を比較する際に初心者がチェックしたい5つのポイント
STEP4信用取引を始める証券会社の選び方

8. 証券会社を比較する際に初心者がチェックしたい5つのポイント

信用取引を始めるにあたって、証券会社選びは重要な作業の一つです。

証券会社を選ぶ際に、単純に手数料を基準にしてしまう人は少なくありません。手数料の安い証券会社は概ねネット証券ですが取引における情報などを見つけにくかったり、メールや電話での質問では疑問点が解決できなかったりと、初心者が困ることも多くなる可能性があります。

そこで、証券会社を比較検討するときにチェックするべき項目を5つまとめてみました。

信用取引における確定申告の注意点
  1. フェイス・トゥー・フェイスで話ができる
  2. 取引画面がシンプルで初心者にも使いやすい
  3. 初心者向けの基本的なセミナーが開かれている
  4. ニュースが豊富に配信され選びたい情報をすぐにピックアップできる
  5. 親切である

手数料だけで比較せずに、これらの項目を元に自分にあった証券会社をチョイスする様にしましょう。

フェイス・トゥー・フェイスで話ができるかをチェック

証券会社を比較する際に一番簡単なのは手数料を比較することですが、手数料の安い証券会社の多くが店舗を持たない「ネット専業証券」です。

一方、「総合証券の対面取引」は、手数料は高めですが、担当者がつき、疑問点の解消や様々な情報を提供してもらえるという利点があります。初心者の方にとっては、いざという時にはフェイス・トゥー・フェイスで話せる方が安心だと言えるでしょう。

「手数料は抑えたい」「フェイス・トゥー・フェイスで話をしたい」という欲張りな人は、「総合証券のネット取引」を選択すると良いでしょう。

総合証券でネット取引を展開している会社の中には、ネット専業証券並みの手数料でありながら、投資家が来店してフェイス・トゥー・フェイスでサポートを受けられる拠点を設けている会社があります。

ただし、「総合証券のネット取引」で受けられるフェイス・トゥー・フェイスのサポートは、取引方法や商品についてのみであるところがほとんどであり、「総合証券の対面取引」のように投資のアドバイスやおすすめ銘柄までは答えてくれませんので、そこまでのサービスを希望する人は「総合証券の対面取引」を選択してください。

「総合証券」と「ネット証券」についての比較は、「ネット専業証券と総合証券の違いは?」にも記載していますので、参考にしてみてください。

取引画面が使いやすいかをチェック!

株の取引は証券会社のサイトからインターネットを通じて行うのがほとんどですが、ログイン後の取引画面は絶対使いやすいものがいいに決まっています。

私が初心者の方にオススメする取引画面選びのポイントは「レイアウトがシンプル」であること!これに限ります。大手のネット証券などでは情報量が充実しているものの初心者にとっては“情報が多すぎて分からない”ということもよくあること。

ただ使ってみないとわからないことも多々あります。証券口座はほとんどが無料で開設できるので、気になる証券会社を数社ピックアップし、数社開設して使ってみることも一つの方法だと言えます。

取引画面の使いやすさに関しては、「証券会社は取引画面の使いやすさで選ぶ」で詳しく書いていますので、参考にしてみてください。

証券会社が実施しているセミナーをチェック!

大手および中堅どころの証券会社ではだいたい、株のコツを伝授してくれるセミナーを定期的に開催しています。セミナーはほとんどが無料で開催されているので、気になる証券会社のセミナーに一度参加されることをオススメします。

初心者にとっては少人数制でいつでも質問ができるようなセミナーがオススメです。「証券会社は実施しているセミナーの質と量で決める」でも主な証券会社のセミナーについて比較していますので、証券会社選びの参考にしてみてください。

証券会社が独自に配信しているニュースの量と質をチェック!

多くの証券会社は、株式ニュースや分析レポートのほかマーケット市況などを投資家のために常時配信しています。証券会社が配信するニュースには、株価が大きく動く材料が含まれることがあるので、ニュースの質と量が高いところは見逃せないポイントの1つと言えます。

ニュースの質については、分かりやすい言葉が使われているか、投資家にとって有益な情報が多く配信されているかなどのチェックポイントがあります。実際に読んでみて、本当に役立つニュースを配信している証券会社は投資家のことを考えてくれているといえるでしょう。

「証券会社は配信ニュースの内容で選ぶ!」では、主な証券会社のニュース配信数やニュースの質などを比較しているので、参考になるかと思います。

「親切さ」をチェック!

さて、ここまではネット証券でも比較のできるポイントですが、最後に紹介したいのは、選択しようとしている証券会社が「親切」かどうかというポイントです。株式と言えど、行っているのはあくまで「人」。会社によってこの親切さは大きく変わってくると私は考えます。

例えば、聞きたいことがあった時、電話してすぐに的確な、納得のいくアドバイスをもらえたらなんと心強いことでしょうか? そう考えると、まずは証券会社と契約する前に電話で質問してみましょう。電話がすぐにつながる、電話に出た時の対応をチェックするべきです。その時に親切な証券会社はきっとあなたにとって長い付き合いとなる証券会社になることでしょう。

「証券会社を選ぶ前にチェックするべき3つの項目」でも、証券会社の親切さに関わる事項を比較していますので、参考にしてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

信用取引とは?

一覧を見る

信用取引は、委託保証金という資金を担保に入れることで実際の資金よりも大きな額の株式投資が可能になる株の取引手法の1つです。株を売買するという点では現物の株取引と同じですが、取引を行うためのルールや仕組みにおいてかなり現物取引と違う点があります。ここでは、信用取引を始めるまでにぜひ知っておいてもらいたいことをまとめています。

信用取引と他の投資を比較

一覧を見る

信用取引は、現物取引と同様に株式を売買するわけですが、証券会社に支払う手数料やコスト面などで現物取引と異なります。また、基本的には6ヶ月以内に決済しないといけないルールもあります。ここでは信用取引とその他の投資との違いを比較することから、信用取引のメリットやデメリットなどについて考察していきます。

信用取引で失敗しない為の銘柄の選び方

一覧を見る

信用取引は自己資金の3倍もの取引が可能となるだけにそれなりにリスクも伴います。信用取引で失敗しないためにはとにかくリスクとなる要因をできるだけ排除していくことが重要となります。そこで、この項目では信用取引における信用取引残高の読み方や信用取引ならではの専門用語の理解などから失敗しないコツを伝授していきます。

信用取引を始める証券会社の選び方

一覧を見る

信用取引を始めるには、まず初めに証券会社を選ぶことから始まります。日本には現在約300社ほどの証券会社がありますが、その中から自分の投資に一番合う証券会社を見つけるにはどうすればいいのでしょうか? ここでは、信用取引ができる証券会社を検討する際に重要となる3つのポイントに分けて紹介いたします。