証券会社を選ぶ前にチェックするべき3つの項目 | 信用取引を始める前に確認すべき4つのSTEP

証券会社を選ぶ際のポイントについて3つの項目をあげて紹介しています。

> > 証券会社を選ぶ前にチェックするべき3つの項目
STEP4信用取引を始める証券会社の選び方

4. 証券会社を選ぶ前にチェックするべき3つの項目

信用取引の初心者の方に向けて、このサイトでオススメする投資方法が「リスクを軽減してミドルリターンを狙う」です。やっぱり、信用取引にはリスクが伴うという印象があるため、いかにリスク軽減しながらリターンを増やすかというところがポイントになります。

証券会社 選び方

慎重な取引が基本的なポイントにはなるのですが、それをサポートしてくれる証券会社はどこなのかと言えば、手数料やコストの安さというよりも、やはり「顧客を大事にしてくれる証券会社」というところに最後は落ち着きます。信用取引も含めて、株の取引というのは結局、ある程度、証券会社さんと長いお付き合いをするわけですから、そういうところがポイントになってくるでしょう。

つまり、証券会社を選ぶ前にチェックすべき項目は、「顧客への対応の充実度」ということになります。では、ここから証券会社を選ぶ際にチェックしたい項目を紹介していきます。

証券会社のチェック・ポイント1 電話対応は充実しているか?

証券会社 選び方 電話対応

当サイトでお伝えしている「リスクを軽減してミドルリターンを狙う」運用の重要性。これを実践するためには、疑問が湧いた時にすぐ担当者に連絡できるということがポイントとなります。

なにせ、ネット証券だけでは自分の勘だけを頼りに投資することとなり、ドツボにはまりかねません。そういう意味でも、プロに相談がすぐできるという「電話対応」は証券会社選びにおいて非常に重要なポイントと言えます。

その中でも、「電話がつながりやすいか?」というポイントは電話対応の中で最も重要なポイントといえるでしょう。証券会社の電話サポートでは、担当者につながるまでに待たされることも多いのが現状です。しかも、電話がつながりやすいかどうかという受電率について明示されている会社は少ないため、どこの電話対応が早いかが分かりません。ただ、私の体験から言えば、岩井コスモ証券とGMOクリック証券は受電率が比較的高いといえます。

証券会社のチェック・ポイント2 店頭で丁寧に対応してくれるか?

証券会社 選び方 店頭対応

さて、電話で解決できる場合はOKですが、電話だとどうしても伝わりにくいという場合もありますよね。そんなときには、少し時間がかかってもフェイス・トゥー・フェイスで相談したいと思うはず。そう考えると、やっぱり電話やメールだけのネット証券より、実店舗を持つ証券会社の方が安心ですよね。

ネット証券は基本的にこういうサービスはないと思います。(あったらゴメンなさい。)

わたしが知っている限り、ネット取引でも、例えば、岩井コスモ証券なら東京と大阪のサポートセンターで店頭対応も可能です。

手数料だけでなく、フェイス・トゥー・フェイスの安心感が欲しいなら、こういった証券会社を選択するのもいいですね!

証券会社のチェック・ポイント3 そもそも親切な会社かどうか

証券会社 選び方 親切対応

さて、ネットだけでは、プロに相談がしにくく不安なので、電話ですぐに相談に乗ってくれる会社がよさそうということが分かりました。さらに、電話だけではなく実店舗にフェイス・トゥー・フェイスで相談できる方がより安心だということも分かりましたよね。しかし、電話での対応が良くなかったり、丁寧に説明してくれなければ元も子もありません。

例えば、ほぼ全ての証券会社では、信用取引で追証(おいしょう)を入金しなかった場合、信用建玉を証券会社が強制決済できる規定になっています。わたしが取引しているネット証券会社ではこのタイミングでメールでお知らせがきます。「強制決済」というかなり重要なタイミングでもメールで連絡がくるんですね。

もちろん毎日メールをチェックすれば問題はないのですが、売り込みも含めてかなりの数のお知らせがくる中で、正直判断できなくなってしまう時もあります。

しかし、岩井コスモ証券では、強制決済を実行する前に、担当者が電話も入れてくれるんですね。(正式なサービスでは無いようですが。)わたしは何度かその電話で救われましたし、追証をよく発生させる友人からも聞きました(笑)。

ネット証券なのでメールなどで確認するのが当たり前とは言え、このようにお客さんを大事にする姿勢って大事ですよね。株主優待名人で知られる桐谷さんも、「岩井コスモ証券は株式移管の手続時に親切だった」と語っているように、証券会社もやはりサービス業なのですから、とにかく親切・丁寧にお客さんを扱ってくれるところがオススメです。

このように、手数料が安い証券会社だけでなく、証券会社を選ぶポイントも最後は「人」。初心者であれば、なおさら、電話サポートやサポートの質で選びたいところですね。その辺りの比較も含めて、初心者のための証券会社30社比較ページにまとめてありますので、証券会社を選ぼうとしている方は参考にしてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

信用取引とは?

一覧を見る

信用取引は、委託保証金という資金を担保に入れることで実際の資金よりも大きな額の株式投資が可能になる株の取引手法の1つです。株を売買するという点では現物の株取引と同じですが、取引を行うためのルールや仕組みにおいてかなり現物取引と違う点があります。ここでは、信用取引を始めるまでにぜひ知っておいてもらいたいことをまとめています。

信用取引と他の投資を比較

一覧を見る

信用取引は、現物取引と同様に株式を売買するわけですが、証券会社に支払う手数料やコスト面などで現物取引と異なります。また、基本的には6ヶ月以内に決済しないといけないルールもあります。ここでは信用取引とその他の投資との違いを比較することから、信用取引のメリットやデメリットなどについて考察していきます。

信用取引で失敗しない為の銘柄の選び方

一覧を見る

信用取引は自己資金の3倍もの取引が可能となるだけにそれなりにリスクも伴います。信用取引で失敗しないためにはとにかくリスクとなる要因をできるだけ排除していくことが重要となります。そこで、この項目では信用取引における信用取引残高の読み方や信用取引ならではの専門用語の理解などから失敗しないコツを伝授していきます。

信用取引を始める証券会社の選び方

一覧を見る

信用取引を始めるには、まず初めに証券会社を選ぶことから始まります。日本には現在約300社ほどの証券会社がありますが、その中から自分の投資に一番合う証券会社を見つけるにはどうすればいいのでしょうか? ここでは、信用取引ができる証券会社を検討する際に重要となる3つのポイントに分けて紹介いたします。