信用売残を空売りのタイミングの参考にする | 信用取引を始める前に確認すべき4つのSTEP

信用売残が信用売りのタイミングの参考になるでは、実際のチャートを使い解説しながら、信用取引で失敗しないための方法について紹介しています。

STEP3信用取引で失敗しないための銘柄の選び方

1. 信用売残を空売りのタイミングの参考にする

信用取引は証券会社から資金または株式を借りて株を売買するという取引のことです。資金や株を証券会社から借りている以上、もちろんいつかは証券会社に返さなくてはいけない訳ですが、制度信用取引の場合その期日は6ヶ月以内と決まっています。(詳しい内容を知りたい方は、信用取引と現物取引の3つの違いページをご覧ください。)「買ってからまだ売って返済していない」「売ってからまだ買って返済していない」状態を「信用残(しんようざん)」と言います。

ここでは、信用取引の中でも売りの方の信用残である「信用売残(しんよううりざん)」から、市場の状況をどう判断するかについて解説します。

信用売残を見て取引のタイミングを判断する

まず、株式用語である「空売り」について説明します。空売りとは、「今後株価が下がっていくだろう」と思った時に、証券会社から株式を借りて売り、株価がさらに下がった時に安値で買い戻して、その差額を利益とする方法です。(空売りに関しては詳しい情報を知りたい方は、こちらの空売り(からうり)とは?ページをご覧ください。)

証券会社から株を借りてきて「空売り」をしたものの、まだ決済していない状態が「信用売残」です。例えば、下記のような「信用売残」と株価チャートのような状況だったとします。

信用売残増加説明チャート画像

株価チャート提供『トレーダーズ・ウェブ』

さて、このような状況はどのように読み解くべきでしょうか?
例えば、この銘柄の場合、「信用売残」が増加しています。「信用売残」が多いということは、「この銘柄の株価が下がって欲しい」「この銘柄の株価はそのうち下がるだろう」と考えている投資家が多いってことになります。

しかし、この銘柄は、あるときに信用売残が急激に増加していますが、株価が下がらないため、利益を確定できずに信用売残も積みあがったままとなっています。

信用取引では6ヶ月の期日内に返済(決済)をしないといけないということですから、(詳しくは、信用取引の仕組みとルールページをご覧ください。)いずれ反対売買といって、「返済のための買い」が発生することになると予測できます。

特に、急激に信用売残が増加したけれども、株価が下がらないため、信用売残が積みあがったままの場合、急激に信用売残が増加したその6ヶ月後に返済期日を迎えた買いが発生することが考えられるので、その頃に株価が上昇することが期待されます。こういった状況下で株価の上昇傾向にある銘柄は「信用買い」で攻めてみるとおもしろいと思います。

同じような信用期日を利用した考え方は、「信用買残が信用買いのタイミングの参考になる」にも書いていますので、こちらも参照してくださいね!

ちなみに、当サイトのモットーである、リスクを軽減しながら、ミドルリターン運用を行うためには、売建玉を保有している状態で、上記の例のように売残が積み上がったまま、株価が下がらない場合は、早目に反対売買することをお勧めします。売残の返済の買い戻しが株価の上昇を誘発する前に、そのリスクに対して対応しておくことがポイントです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

信用取引とは?

一覧を見る

信用取引は、委託保証金という資金を担保に入れることで実際の資金よりも大きな額の株式投資が可能になる株の取引手法の1つです。株を売買するという点では現物の株取引と同じですが、取引を行うためのルールや仕組みにおいてかなり現物取引と違う点があります。ここでは、信用取引を始めるまでにぜひ知っておいてもらいたいことをまとめています。

信用取引と他の投資を比較

一覧を見る

信用取引は、現物取引と同様に株式を売買するわけですが、証券会社に支払う手数料やコスト面などで現物取引と異なります。また、基本的には6ヶ月以内に決済しないといけないルールもあります。ここでは信用取引とその他の投資との違いを比較することから、信用取引のメリットやデメリットなどについて考察していきます。

信用取引で失敗しない為の銘柄の選び方

一覧を見る

信用取引は自己資金の3倍もの取引が可能となるだけにそれなりにリスクも伴います。信用取引で失敗しないためにはとにかくリスクとなる要因をできるだけ排除していくことが重要となります。そこで、この項目では信用取引における信用取引残高の読み方や信用取引ならではの専門用語の理解などから失敗しないコツを伝授していきます。

信用取引を始める証券会社の選び方

一覧を見る

信用取引を始めるには、まず初めに証券会社を選ぶことから始まります。日本には現在約300社ほどの証券会社がありますが、その中から自分の投資に一番合う証券会社を見つけるにはどうすればいいのでしょうか? ここでは、信用取引ができる証券会社を検討する際に重要となる3つのポイントに分けて紹介いたします。