信用取引と他の投資方法を比較 | 信用取引を始める前に確認すべき4つのSTEP

信用取引と他の投資手法を比較して信用取引について理解することがセカンドステップになります。信用取引と他の投資を比較カテゴリページでは、信用取引と他の手法と比較して紹介しています。

> 信用取引と他の投資を比較
STEP2信用取引と他の投資を比較

通常の株の取引よりも、レバレッジ効果をうまく活用すれば、より多い利益を得ることが可能 な信用取引。でも、通常の株式投資とどう違うの?と思う人も多いかと思います。また、レバレッジと聞くとFXを思い出す人も多く、FXとの違いはなんなのか気になっちゃいますよね。そこで、この項目では信用取引とその他の金融商品との違いについてまとめてみたいと思います。

信用取引とは?

一覧を見る

信用取引は、委託保証金という資金を担保に入れることで実際の資金よりも大きな額の株式投資が可能になる株の取引手法の1つです。株を売買するという点では現物の株取引と同じですが、取引を行うためのルールや仕組みにおいてかなり現物取引と違う点があります。ここでは、信用取引を始めるまでにぜひ知っておいてもらいたいことをまとめています。

信用取引と他の投資を比較

一覧を見る

信用取引は、現物取引と同様に株式を売買するわけですが、証券会社に支払う手数料やコスト面などで現物取引と異なります。また、基本的には6ヶ月以内に決済しないといけないルールもあります。ここでは信用取引とその他の投資との違いを比較することから、信用取引のメリットやデメリットなどについて考察していきます。

信用取引で失敗しない為の銘柄の選び方

一覧を見る

信用取引は自己資金の3倍もの取引が可能となるだけにそれなりにリスクも伴います。信用取引で失敗しないためにはとにかくリスクとなる要因をできるだけ排除していくことが重要となります。そこで、この項目では信用取引における信用取引残高の読み方や信用取引ならではの専門用語の理解などから失敗しないコツを伝授していきます。

信用取引を始める証券会社の選び方

一覧を見る

信用取引を始めるには、まず初めに証券会社を選ぶことから始まります。日本には現在約300社ほどの証券会社がありますが、その中から自分の投資に一番合う証券会社を見つけるにはどうすればいいのでしょうか? ここでは、信用取引ができる証券会社を検討する際に重要となる3つのポイントに分けて紹介いたします。