信用取引取引はいくらから始められるのか? | 信用取引を始める前に確認すべき4つのSTEP

信用取引取引はいくらから始められるのか?という信用取引の疑問について2つのポイントに絞って紹介しているページになります。

信用取引を始める前に確認するべき4つのSTEP > 信用取引に関するQ&A > 信用取引はいくらから始められるのか?
Q&A信用取引に関するQ&A

1. 信用取引はいくらから始められるのか?

証券会社に口座を作ったならば、早速、株の取引をしてみたいと思いますが、ちょっと待った。株には、現物取引(通常の株の取引)と信用取引とがあり、信用取引では手持ち資金の3倍の取引が可能です。例えば、資金が50万円の人でも150万円の銘柄を購入することが可能なのです。となれば、信用取引で大きく儲けたいと考える人も多いことでしょう。

でも3倍もの額が取引できるのなら、学生がアルバイトで貯めた10万円を資金にして信用取引を始められたりすると思いがちですが、答えはNOです

信用取引を行う為には最低必要な金額というのもあります。図にまとめているのでご覧ください。

信用取引における最低取引額

こちらの図の内容をこのページでは、細かく解説していますので、信用取引がいくらから始められるかについて疑問の方は是非このページをご覧ください

信用取引に必要な委託保証金は最低30万円

信用取引を始めるには、「委託保証金(いたくほしょうきん)」という担保(たんぽ)が必要となります。信用取引は証券会社に資金や株を借り入れして行う取引なので、損失を出した時に備えて、一定の委託保証金を差し入れる必要があります。
この委託保証金は法律で最低30万円以上と決められており、各証券会社によって最低保証金額は違ってきます。ただし、多くの証券会社は最低委託保証金額を30万円としているので、ひとまず現金で30万円持っていれば、信用取引を始められます

株や投資信託などを保証金の代わりにすることも可能

また、信用取引では、現金がなくても株式があれば、株を担保にすることができますこれを代用有価証券(だいようゆうかしょうけん)といい、株式の時価評価の80%の金額を担保としてみてくれる証券会社がほとんどです

これは、例えば、信用取引では3倍の取引が可能なので、120万円の株を買いたければ、40万円以上の担保が必要となります。これを株式でまかなうには50万以上の株を保有していれば取引が可能ということになります。詳しくは後ほど説明しますね。 また、代用有価証券は株だけでなく投資信託などの金融資産を担保にすることも可能です(一部証券会社では不可)

株式を担保とする場合、日々、その株価は上下しているので、その株価によって担保としての価値も変わります。株価は、その瞬間で変わるため担保の価値を決めるのは大変です。
そこで、証券会社では「前営業日終値の80%」という風に決めて、その株式の評価額を決めます。そのため、前営業日の終値で38万円の株式を持っていれば、評価額は30万円(38万円×80%)となるので信用取引が可能となります
なお、前営業日の終値で30万円の株式を持っていても、評価額は24万円(30万円×80%)ということになってしまい、信用取引ができません。
そういう場合には、現金+株式評価額の合計が30万円を超えていれば、信用取引をスタートさせることができます
なので、例えば、現金が6万円しか持っていない人でも、30万円分の株式を持っていれば、信用取引をスタートさせることが可能ということになります

このエントリーをはてなブックマークに追加

信用取引とは?

一覧を見る

信用取引は、委託保証金という資金を担保に入れることで実際の資金よりも大きな額の株式投資が可能になる株の取引手法の1つです。株を売買するという点では現物の株取引と同じですが、取引を行うためのルールや仕組みにおいてかなり現物取引と違う点があります。ここでは、信用取引を始めるまでにぜひ知っておいてもらいたいことをまとめています。

信用取引と他の投資を比較

一覧を見る

信用取引は、現物取引と同様に株式を売買するわけですが、証券会社に支払う手数料やコスト面などで現物取引と異なります。また、基本的には6ヶ月以内に決済しないといけないルールもあります。ここでは信用取引とその他の投資との違いを比較することから、信用取引のメリットやデメリットなどについて考察していきます。

信用取引で失敗しない為の銘柄の選び方

一覧を見る

信用取引は自己資金の3倍もの取引が可能となるだけにそれなりにリスクも伴います。信用取引で失敗しないためにはとにかくリスクとなる要因をできるだけ排除していくことが重要となります。そこで、この項目では信用取引における信用取引残高の読み方や信用取引ならではの専門用語の理解などから失敗しないコツを伝授していきます。

信用取引を始める証券会社の選び方

一覧を見る

信用取引を始めるには、まず初めに証券会社を選ぶことから始まります。日本には現在約300社ほどの証券会社がありますが、その中から自分の投資に一番合う証券会社を見つけるにはどうすればいいのでしょうか? ここでは、信用取引ができる証券会社を検討する際に重要となる3つのポイントに分けて紹介いたします。