信用取引を始める前に確認すべき4つのSTEPサイト管理者自己紹介

信用取引を始める前に確認すべき4つのSTEPサイト管理者自己紹介ページなります。管理人のサイト簡単な経歴やサイトの運営指針、免責事項について紹介しています。

サイト管理者の自己紹介 <信用取引を始める前に確認するべき4つのSTEP>

はじめまして。元証券マンのIです!この度は当サイトに訪れていただき、誠にありがとうございます。昭和52年生まれの私は、大手証券会社で約8年間(最初の3年間は中部地方、以降の5年間は関西地方にて)リテール営業(個人の方への証券営業の事ですね)を勤めた後、まったく別のWEB業界に転身したという人間です。

株や債券など、色々な商品をお客様に合わせてご紹介していたのですが、平成13年に入社した私はまさに小泉改革の真っ只中。株価が低迷していく中で新規顧客の開拓に励んでいた私が営業で特に力をいれていたのが「信用取引」。信用取引と聞くと最初は皆さん「仕組みがよく分からない」「リスクが高いイメージがある」などを理由に非常に渋い顔をされていましたが、わたしの説明を聞くと皆さん反応がころっと変わり、他の証券会社で塩漬けにしていた(大阪弁いうところの、ほったらかしにしている)株を口座移管してもらい、その株を担保に信用取引をどんどん利用してもらいました

わたしがご説明していたポイントは2つ。「仕組み」と「売買手法」のおはなしです。信用取引の仕組みはまず株の事さえわかれば複雑ではないし、信用取引の特性を理解して将来の株価動向の予想材料とすることもできますよ!短いスパンで「ハイリスクハイリターン」を狙う従来の信用取引のイメージを覆す信用取引のメリットを生かした「リスクを軽減してミドルリターン」を狙う運用方法や、株主優待をノーリスクでもらう方法など、信用取引のポイントを抑えれば、渋い顔もすぐに笑顔になると思いますよ

わたしが推奨する、リスクを少なくした状態で信用取引と付き合う方法を、是非当サイトでご堪能ください。もちろん、このサイト通りに買えばお金持ちになるという訳ではないので、自分の持っている資産の範囲で信用取引を楽しんでくださいね

サイト運営指針 <信用取引を始める前に確認するべき4つのSTEP>

「遠足は帰るまでが遠足。」と同じではないですが、「信用取引は始める前からが信用取引」という風にわたしは考えています。一般的に少し怖いイメージを持たれている信用取引は、ポイントを押さえない無茶な運用を行うから失敗してしまうのですね。

信用取引を始める前に、仕組みとポイントをしっかり押さえておけば、下手な運用をすることはないのです!もちろん全ての運用で成功していた訳ではないですが、自己破産してしまう様なお客様は8年間勤めていていませんでしたしね。

ただ、既に現場を離れているのは確かです。仕組みとポイントを理解して信用取引の運用を始め、分からないことがあればすぐに、馴染みの証券会社の営業の方、もしくはネット取引の場合は、サポート体制がしっかりしている会社のサポートセンターに問い合わせましょう。よく理解しないまま取引をして大損してしまっては取り返しがつきませんからね!

サイト免責事項 <信用取引を始める前に確認するべき4つのSTEP>

サイト内のコンテンツは、運営者の実体験を基に制作しているので、間違いがある場合も多々あるかと思いますので内容に関する一切の責任は負いません。当サイトに記載されている内容を信じるか信じないかは、個人のご判断にお任せします。また、内容に関しては随時更新しておりますので、予告無しに変更又は、削除する場合もございます。予めご了承下さいませ。

信用取引とは?

一覧を見る

信用取引は、委託保証金という資金を担保に入れることで実際の資金よりも大きな額の株式投資が可能になる株の取引手法の1つです。株を売買するという点では現物の株取引と同じですが、取引を行うためのルールや仕組みにおいてかなり現物取引と違う点があります。ここでは、信用取引を始めるまでにぜひ知っておいてもらいたいことをまとめています。

信用取引と他の投資を比較

一覧を見る

信用取引は、現物取引と同様に株式を売買するわけですが、証券会社に支払う手数料やコスト面などで現物取引と異なります。また、基本的には6ヶ月以内に決済しないといけないルールもあります。ここでは信用取引とその他の投資との違いを比較することから、信用取引のメリットやデメリットなどについて考察していきます。

信用取引で失敗しない為の銘柄の選び方

一覧を見る

信用取引は自己資金の3倍もの取引が可能となるだけにそれなりにリスクも伴います。信用取引で失敗しないためにはとにかくリスクとなる要因をできるだけ排除していくことが重要となります。そこで、この項目では信用取引における信用取引残高の読み方や信用取引ならではの専門用語の理解などから失敗しないコツを伝授していきます。

信用取引を始める証券会社の選び方

一覧を見る

信用取引を始めるには、まず初めに証券会社を選ぶことから始まります。日本には現在約300社ほどの証券会社がありますが、その中から自分の投資に一番合う証券会社を見つけるにはどうすればいいのでしょうか? ここでは、信用取引ができる証券会社を検討する際に重要となる3つのポイントに分けて紹介いたします。